Edwartのチョコレート工場に潜入!

 

エドワートのチョコレートは全てパリで作られたものを輸入しています。パリのチョコレート職人によって一つ一つ手作業で丁寧に作られ、厳しい検査を通って、日本に届きます。

今回そんなチョコレートたちが作られるエドワートのチョコレート工場の様子をご紹介致します!

 

こちらはプラリネを作るお部屋です!大きなかまどの様な機械で、アーモンドとヘーゼルナッツを混ぜていきます!

 

チョコレートは湯銭でゆっくりと溶かしていました!工場に漂う甘~いチョコの香りはこのトロトロに溶けたチョコレートが元でした!

 

 

冷たい大理石の上でチョコレートを伸ばしていきます!

 

完成したガナッシュはきれいにカットされ、冷蔵庫で決められた温度と決められた時間で冷やしていきます!

 

冷やしたガナッシュをチョコレートでコーティング!ゆらしながら、余分なチョコレートを落とします!

 

 

チョコが乾かないうちに仕上げのデコレーションをします!手作業で、一粒一粒丁寧に!

 

完成したのはエドワートの看板チョコレート、ケ・エドワートでした!中にはサクサクのパイが入っていて、できたてはほっぺたが落ちてしまうほどの絶品です!

 

いかがでしたでしょうか。エドワートのチョコレート工場で作られボンボンショコラはバオバブの実やカレースパイス、ウーロン茶など、独創的なものがたくさんありますが、どれもチョコレートとの相性が抜群のものばかりです!一粒一粒丁寧に作られているからこそ、新しい美味しいフレーバーが登場しているのかもしれませんね!

 

10か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です