ドリンクとチョコレート|9 STORIES CHOCOLATES

 

 

チョコレートとさまざまな食材の取り合わせを楽しむ「マリアージュ」。

本格的に冬が近づいてきた今日この頃、温かいドリンクとチョコレートのマリアージュとともに、リラックスするひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?今回は、どんなドリンクがチョコレートとのマリアージュに適しているのか、見ていこうと思います。

 

どんなドリンクが合う?チョコレートの性質から

チョコレートの原料はカカオ豆です。その脂肪分であるココアバター(カカオバターとも)の融点は33.8度。25度までは固体ですが、それを超えると急速に解け始めます。15度くらいから徐々にやわらかくなる乳製品のバターとはまったく違う、ユニークな性質です。この性質によって、常温では美しい形を保ち、口に含むと風味豊かにとろけるような、チョコレートならではの魅力が生み出されます。

ドリンクとの取り合わせを考えると、ココアバターの油分とうまく口の中で調和するようなものが向いていそうです。また、チョコレート自体のほろ苦い風味を引き立たせることも大事。つまり、①チョコレートの脂を口の中で調和させ、②チョコレートの風味を潰さずに引き立てる、この条件を満たすドリンクとのマリアージュで、チョコレートをより美味しくいただくことができそうです!

 

チョコレートに合うドリンク

 

コーヒーやお茶

エスプレッソ、カプチーノなどのコーヒーや、ダージリン、アールグレイなどの紅茶は鉄板の組み合わせです。これらのドリンクには、ココアバターの脂肪分を分解するタンニンという成分が含まれており、ココアバターの油分をスッキリさせてくれます。また、チョコレートの風味を消すことなく引き立たせるため、チョコレートとの相性は抜群です。抹茶、煎茶のお茶うけとして、和菓子の代わりにチョコレートを合わせるのも、風味がより引き立ちます。

 

お酒

お酒にもチョコレートに合うものは多いです。ウィスキーやワイン、ブランデーはもちろん、意外なところでは日本酒や梅酒も、チョコレートととっても合うんです!冬におすすめなのはホットワインや熱燗、ホットビールとの取り合わせ。酸味が強めのお酒よりも、甘さや、コクのあるものを選ぶと、チョコレートとのマリアージュで芳醇な味の広がりを楽しめます。

 

特徴を合わせる

また、チョコレートの種類や味によっても合うドリンクは変わります。フルーツフレーバーのチョコレートなら、似た爽やかさを持つハーブティーと一緒に楽しむなど、チョコレートとドリンクの特徴を合わせたり、互いに共通点を持った組み合わせを探してみると素敵な発見があるかも。

 

とっておきのマリアージュを探してみては?

今回は、チョコレートに合いやすいドリンクをご紹介してきました。しかし、マリアージュの可能性は無限大。自分だけのとっておきの組み合わせを探してみるのも面白いかもしれません!

 

3週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です