チョコレート効果

美味しくて何気なく食べているチョコレート。そんな中でも、特に高カカオチョコレートには健康への効果があります。今回はその効果や食べ方のついてご紹介したいと思います。

 

カカオポリフェノール

ワインやコーヒーに含まれているポリフェノール、実はチョコレートの材料であるカカオ豆にも多く含まれています。カカオポリフェノールは他の植物性食品と比べて、比較的効率よく摂取できることがわかっています。このカカオポリフェノールには、血圧低下、動脈硬化予防、脳機能の改善、アレルギーの改善、便通改善の効果があるといわれています。

ストレス解消

カカオにはテオブロミンという成分が含まれており、テオブロミンは脳内物質のセロトニンの分泌を促します。セロトニンは別名「幸せのホルモン」と呼ばれており、分泌することで幸福感を感じやすくなったり、リラックス効果があるといわれています。また、その持続性は長く、ストレス解消効果があります。

疲労回復

カカオにはアルギニンも含まれており、成長ホルモンの分泌を助けてくれます。成長ホルモンは疲労した身体の修復や再生を促し、身体の免疫力を高める効果があります。

食べ方や注意点

健康への効果が認められている高カカオチョコレートですが、たくさん食べれば良い訳ではありません。高カカオチョコレートは脂質が多いため、食べ過ぎると脂質の過剰摂取になります。1日約25gを目安に摂取すると良いとされ、カカオポリフェノールの抗酸化力には持続性がないことから、5gを5回に分けて食べると効果的とされています。また、ある実験では4週間継続してカカオ72%のチョコレートを25g摂取しても体重やBMIに変化はなかったと結果が出ています。

 

1週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です